中ノ島(なかのしま)ビーチ 口コミ情報

下地島中ノ島(なかのしま)ビーチでシュノーケリング

このシュノーケリングポイントは本当に秘境中の秘境でした。

でしたというのは、やはり橋ですね、2016年に開通した、今や宮古島を代表する名所「伊良部大橋」の登場によってだいぶ様変わりしたようです。

橋が開通する前、宮古島から、伊良部島、下地島へ渡る交通手段はフェリーだけでした。橋が開通して車で移動できるようになり、このフェリーの航路は廃止となりました。まあ世の流れですね。

フェリーから平良港(宮古島)を望む
フェリーから平良港(宮古島)を望む

 

伊良部島上陸

守護人おーるー<青>一家がここを訪れた時にはまだ橋はなく、長閑なフェリーの風情が楽しめましたが、実に残念です。

伊良部航路船上からの大海原
伊良部航路船上からの大海原

 

でもこうして気軽に行けるようになると、やはり海の状態は変わりますね。

この下地島の中ノ島ビーチへは伊良部島経由で向かいます。伊良部島と下地島は水路で分かれているんですね。特に別の島にしなくてもいいような距離です。

伊良部島の上陸ポイントから中ノ島ビーチまでは、結構距離があります。地図で見るとわかりますが島を東西に横断する形になります。

 

この伊良部島、割と勾配のある丘陵状の形で、島へ上陸すると結構な勾配を上ってから降りることとなります。島内はまあ特に何もありませんが、道路は広く綺麗に整備されていますし、島内の道路沿いにはコンビニもあります。

伊良部島の西端からわずか数十メートル程度の橋を渡ると下地島です。

 

空港のある島「下地島」

この下地島は空港があるんですね。以前は定期便も離発着していたようですが、現在は廃路となり、民間の航空会社のパイロット訓練施設として使われているようです。

この空港の西側、道路沿いの開けた場所に中ノ島ビーチがあります。

http://www.miyakomainichi.com/
http://www.miyakomainichi.com/

 

2013年に守護人おーるー<青>一家がここを訪れた際には、ツアーの団体が詰めかけていて、シュノーケルでかなりの人が海に出ていて、ビーチが賑やかでした。中国からいらした方達でした。まだ橋もなかった頃ですので、ここまで中国の人が押し寄せるのかと少々驚いたのを覚えています。

独特の形状の湾

浜辺は広く、大勢の人がいても混雑してるような感じはありません。ただ綺麗な砂浜というわけではなく、どちらかと言えばざらついたサンゴのパウダーと岩といった感じですので、マリンブーツは必須です。

03_r

 

海も独特の形状で、両端を大きく迫り出した岩場に囲まれた入り江状になっています。湾には大きな岩がいくつも飛び出していて独特の風景、水深も深く、透明度がたいへん高く、魚たちの種類も豊富です。シュノーケリングには、宮古島中でも1,2を争うスポットと言えます。

Photo from pixabay.com
Photo from pixabay.com

駐車場はありません。車は皆道路沿いに停めています。更衣室、トイレ、シャワーなどの設備は一切ありません。ただすぐ近くの「渡口の浜」にビーチサービスが整っていますので、帰りにはそちらを利用するのもいいと思います。

手放しの自然が残るビーチです。環境保全には努めたいものです。

下地島中ノ島(なかのしま)ビーチ360度全景

 


皆さん宮古島を楽しんでいらっしゃいますか?

何か面白い情報、穴場情報などがあれば、ぜひ教えてください。

このホームページは皆さんの情報が命です。どんな情報でも結構です。一言コメントを残していただければ嬉しい限りです。

皆様とともに成長し続けたいサイトであると考えています。

seasar_ill守護人おーるー<青>


 
スポンサー広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です